Entry: main  << >>
【ニュースリリース】 新しい花の展示会「フローラル・イノベーションEXPO 2019」を、11月に東京ビッグサイトにて開催します。
 日本フローラルマーケティング協会(JFMA)は、日本能率協会(JMA)と共催で、「フローラル・イノベーションEXPO 2019」を東京ビッグサイトで開催することになりました。新たな付加価値を創出し、花の消費を拡大するための専門展示会です。同時開催は「アグロ・イノベーション2019」などです。

 

<解説>

 わたし(JFMA会長、小川)としては、この展示会をJFMAの展示会ビジネスへの再チャレンジとして位置付けています。JFMA(花き業界)が展示会ビジネスでは定評があるJMA(日本能率協会)と組んで、新たな需要創造とイノベーションの普及に挑みます。

 従来の展示会が主目的として掲げている商談の成立だけではなく、業界内での情報の共有やトレンド発信の場を提供します。重要な目的のひとつは、花や植物に関わるライフスタイルの提案、生産・加工・流通技術の相互学習を促進することです。

 また、本展示会は、隣接業界(野菜・果物、土、農業ITなど)のEXPOと共同開催です。業界の垣根を越えて、相互の技術交流や需要創造でのコラボレーションを創発することも期待できます。

 

<開催概要>

◆名称:フローラル・イノベーションEXPO2019 

◆会期:2019年11月20日(水)〜22日(金) 10:00〜17:00

◆会場:東京ビッグサイト 西展示場

◆主催:一般社団法人日本能率協会

◆共催:一般社団法人日本フローラルマーケティング協会

◆予定規模:200社/250ブース

◆来場予定者:15,000名(同時開催を含む)

◆同時開催:アグロ・イノベーションEXPO2019、野菜・果物ワールド2019など

 

<開催趣旨>

「最近1年間に花を購入した」人は、2009年には74.8%でしたが、2018年には45.4%に減少しています(JFMA調査)。それに伴い、栽培農家も減少しています。このような現状を打開し、花き業界の発展をはかるには、日常生活や公共施設等での利用促進、新たな付加価値の創出による需要喚起といった国内消費の拡大や、輸出の促進が不可欠です。そして、それらを実現するために品質や日持ち、輸送技術の向上や、輸出を見据えた海外での認知度向上も必要になります。こうした課題を解決をはかるべく、日本でいち早く施設園芸の展示会を立ち上げた日本能率協会が、花きに関する研究開発から生産、加工、流通、販売まで一堂に会する専門展示会を「フローラル・イノベーションEXPO 2019」を新たに開催します。

 

 現在出展者を募集しており、出展料金がお得な早期申し込み締め切りは、2019年5月31日までです。通常の申し込みの締め切りは、2019年の8月2日(金)です。お問い合わせは事務局まで(03-3434-1988)

 

 

| Kosuke Ogawa | 10:06 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode