Entry: main  << >>
【書評】 久松達央(2013)『キレイゴトぬきの農業論』新潮新書(★★★★)
 ”ひっかかり”の少ない本である。すらりと読めてしまう。理由を考えてみると、著者の頭の中が「すっきり」と整理されているからだと思う。たとえば、野菜の美味しさを決める要素は、単純明快に3つに分解されている。栽培時期(旬)、品種、鮮度で野菜のおいしさは決まるなど。


 本書の特徴をひとことで言うならば、「結果としての有機農業」である。新規就農者が農業をはじめるときの対照的な姿勢は、「目的としての有機農業」の選択である。つまり、理想や思想(安全、環境保全)から有機農業を選ぶ場合ほうが自然である(と世間は考えている)。
 30歳で輸出営業マンから転じて就農した久松さんは、はじめは目的として有機を選んだらしい。だが、きちんと「業」として利益が出て、なおかつ作ったものを美味しいと消費者から喜んでもらえることを目標に働くようになる。結果として、今でも有機農業を継続している。
 理屈にあっているので、野菜作りの「手段として」有機栽培を選択しているのである。
 したがって、有機農業に対する世間一般の思い込み(神話)を徹底的に否定するところから、本書を書き始めている。短くコメントしてみる。

 <神話1=有機だから安全>
 農薬を使った慣行農法が極端に危険だとは言えない。 → その通りだと思う。
 具体的なデータでその証拠を示している。感情論を排する客観性はクールですらある

 <神話2=有機だから美味しい>  
 美味しさの3要素(旬、品種、鮮度)がおいしさを決める。だから、有機栽培であることは、美味しさを決める、ごく一部の要因でしかない。 → その通りである。
 ただし、有機栽培の野菜のほうが慣行栽培のものより、わたしは”おいしいような”気がする。それは、わたしたちが食べるときに「情報」や「ストーリー」を消費するからである。

 <神話3=有機だから環境にいい>
 
  二酸化炭素の排出データなどを論拠に、有機と環境保全の関係に疑問を投げかけている。
 → この論点に関して、わたしは必ずしも賛成はできない。そういう見方もあるだろうが、かつて「オーガニック協議会」で調査したことがある(参考:稲わらの二酸化炭素排出効果)。

 有機神話に疑問を呈しながら、結果として、著者は有機農業を実践している。その理由は、別のところ(=販売、マーケティング)にある。世間で言われている言説(有機農業=清貧の生活)とは逆に、有機農業は実際には利益生産性が高い栽培法なのである(もちろん、物的な人時生産性は低いだろうが)。
 慣行農法を採用して直販チャネルで農作物を販売しようとしても、そもそも差別化ができないから売りにくい。それとは逆に、「らでぃっしゅぼーや」や「大地の会」のように、消費者直販を選べば、結果として有機・自然(らしい)農法を選ぶことになる。そのほうが収益性が高いからである。
 著者の選択もその結果である。だが、従来型の宅配(グリーンボックス・スキーム)と著者の方法はどこがちがっているのだろうか?
 

 
 久松農園が事業として成り立っているのは、ビジネスのかなりの割合が、業務用宅配なのではないかということである。それが証拠に、久松農園のHPを除くと、「レストラン」というタブがあって、クリックすると、首都圏にあるたくさんの店舗がリストアップされている。
 

<久松農園の野菜が食べられるお店>

 神楽坂 鉄板焼き しこたま
 日本橋 釉月
 鶯谷  焼き貝うぐいす
 神楽坂 MASU MASU
 四ツ谷 肉や しるし
 白金 香土
 広尾 KENZO ESTATE WINERY
 恵比寿 EmuN
 赤坂  分店 なかむら食堂
 赤坂 泡組 壌
 新橋 三笠バル
 銀座8丁目  惣菜
 神田 ステラコリス
 池尻大橋 GUSTO
 南青山 Brasserie holoholo
 青山 KITCHEN NAKAMURA
 原宿 kurkku JINGUMAE
 渋谷  5th Cafe Udagawa
 京橋 ぶーみんVinum 東京スクエアガーデン店

 目黒 Spigola
 笹塚 兎屋
 五反田 くし焼きLily
 六本木 六本木農園
 東高円寺 LOTUS&FLOWER’S ONE
 祖師谷大蔵 ギャラリーカフェジョルジュ
 南浦和 温茶
 横浜 シチリア料理カレット
 横浜 むかしみらいごはん
 つくば Mother
 つくば  AMICI

 つくばと横浜を除けば、都心のこだわりレストランばかりである。わたしの暮らしている「生息領域」にある店舗ばかりである(笑)。なんとなくオーナーシェフの顔が見えるのである。近々、神楽坂の店など、すぐに行ってみるつもりだ。
 最後に、久松さんの思想をよく表現した言葉で、評を終えたい。
 「農家は”可哀そうな人”(たち)ではない」。本当にその通りである。

| Kosuke Ogawa | 09:58 | - | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode