Page: 1/18   >>
【新刊紹介】 田中宏隆ほか(2020)『フードテック革命:世界700兆円の新産業「食」の進化と再定義』日経BP(★★★★)
 世界の食分野で進行している技術革新(フードテクノロジー=食品技術のイノベーション)を紹介した新刊。(株)レッグスの谷丈太朗さんからLINEメールで「これ、おもしろいです」と推薦された一冊。とくに前半部分は、米国のフードテック事情が詳しく紹介されている。農と食の関係者は一読の価値あり。
and more...
| Kosuke Ogawa | 17:00 | - | - | pookmark |
【書籍紹介】 おおやかずこ(1995)『おかず屋のおかず』柴田書店(★★★★★)
 ロック・フィールドの取材で、食文化研究家のおおやかずこさんをインタビューさせていただいた。そのとき、ご本人からいただいた一冊。江戸の食文化に関する書籍(昨日の書評)を読むきっかけを与えてくれた本。25年前に書かれた本だが、内容は全く色あせていない。それどころか、食のトレンドに関する見事な「予言の書」になっている。
and more...
| Kosuke Ogawa | 16:01 | - | - | pookmark |
【文献紹介】 大久保洋子(2012)『江戸の食空間: 屋台から日本料理へ』講談社学術文庫(★★★★)
 江戸時代の町人や武士たちはどんな食生活をしていたのだろうか。そんなことが気になっていた。この後で紹介する、おおやかずこ著(1995)『おかず屋のおかず』(柴田書店)では、昭和になって登場した「惣菜文化」の本質が見事に描かれている。それでは、時代を遡った江戸時代(150年〜400年前)に、わたしたちの祖先はどんなものを食べていたのか。それを知りたいと思った。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:53 | - | - | pookmark |
【書籍紹介】森岡毅(2019)『苦しかった時の話をしようか:ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』ダイヤモンド社(★★★★)
 『リーダーたちの羅針盤』などの出版でお世話になった編集者の村上直子さん(生産性出版)と、先週会食をすることになった。村上さんは、葛飾区金町在住のご近所さんである。次に出す本の打ち合わせも兼ねて、高砂駅前の「寿司ダイニングすすむ」で待ち合わせをすることになった。
and more...
| Kosuke Ogawa | 09:09 | - | - | pookmark |
【書評】 中野香織(2020)『「イノベーターで」読む アパレル全史』日本実業出版社(★★★★★)
 衣料品(アパレル)チェーンのビジネスには詳しいほうだと思うが、ファッションやモードの歴史については素人同然である。「全史」というタイトルに惹かれて読んでみた。『日本経済新聞』の書評欄で見つけた本だった。コロナで時間ができたので読んでみたら、実に中身がおもしろかった。マーケティング研究者や若いビジネスマンに読んでほしいと思った。
and more...
| Kosuke Ogawa | 16:36 | - | - | pookmark |
【書評】 松井剛編(2019)『ジャパニーズハロウィンの謎:若者はなぜ渋谷だけで馬鹿騒ぎをするのか?』星海社親書(★★★★+★)
 4月に学生の課題図書として、本書の感想文提出を義務付けていた。一橋大学の松井教授編の「日本のハロウィン現象」を扱った書籍である。申し訳ないことに、新型コロナのどさくさとわたし自身の新刊発売の忙しさにかまけて、25人への感想文へのコメント書きが大幅に遅れていた。
and more...
| Kosuke Ogawa | 18:45 | - | - | pookmark |
【書評】 橘川武郎(2019)『イノベーションの歴史』有斐閣(★★★★)
 先々週、本書を『日本経済新聞』の書評欄で見つけた。なるべく早めに読もうと、直近在庫リストに入れておいた。学内外の行事やセミナー、講演などが中止になったので、昨夜から今朝にかけて読んでみた。先日亡くなったハーバード大学教授のクリステンセンの「破壊的なイノベーション」がキーワードになっている。
and more...
| Kosuke Ogawa | 11:38 | - | - | pookmark |
【新刊紹介】 竹下大学(2019)『日本の品種はすごい:うまい植物をめぐる物語』中公新書(★★★★★)
 著者の竹下さんと直接の面識はないが、元上司だった人物や友人に知り合いがたくさんいる。”竹下大学”といえば、花業界人との会話の中にしばしば登場する名前である。”大学”という名もめずらしい。しかし、国際的に著名な花の育種家が、食用植物の育種の歴史を執筆するとは思いもしなかった。千葉大学園芸学部出身で、元キリンビールのチーフブリーダーは実に博識である。
and more...
| Kosuke Ogawa | 15:52 | - | - | pookmark |
【新刊紹介】 電通 美術回廊編(2019)『アート・イン・ビジネス: ビジネスに効くアートの力』有斐閣(★★★★)
 編者の表記をまちがえてしまった。正しくは「美術回路」である。偶然に起こってしまった錯覚は、美術品を展示する場所(画廊)の連想から来ている。ビジネスの枠組みに「アート」を持ち込むのがとても難しいことが、本書を読み終えて改めて理解できた。
and more...
| Kosuke Ogawa | 17:33 | - | - | pookmark |
【新刊紹介】 西川幸孝(2019)『物語コーポレーションものがたり』日本経済新聞出版社(★★★★)
 「衒語コーポレーション」の創業者、小林佳雄会長の企業理念を紹介した著書。著者の西川氏は、経営コンサルタント出身で物語コーポレーションの社外取締役。同社の社是がぶっ飛んでいる。Smile&Sexy!「上場企業の社是としてこの理念はふさわしくない!」と、株式公開の際に幹事証券から忠告を受けたという。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:43 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode