Page: 1/4   >>
(その38)「千葉の台風被害と地球温暖化」『北羽新報』(2019年9月24日号)
 今月号は、千葉の房総半島を襲った台風15号の被害について書きました。地球温暖化は、わたしたちの生活に深刻な影響をもたらし始めています。これはほんの始まりのように思います。関連記事としては、エイキング博士の研究(9月 日ブログ)をご覧ください。温暖化の真因は、飽食と動物性タンパク質の過剰摂取にあります。
and more...
| Kosuke Ogawa | 08:32 | - | - | pookmark |
(その37)「北京の買い物事情」『北羽新報』(2019年8月27日号)
 先月の地元紙への連載記事は、北京花博を視察したときに感じた中国のショッピング事情。躍進著しい中国の首都は、ワシントンDCを目指していた。市中心部からは、住民が強制的に郊外に移転させられ、伝統の屋台も花屋もスーパーも、北京の中心部からは姿を消していた。
and more...
| Kosuke Ogawa | 07:07 | - | - | pookmark |
(その36)「粋な生き方:石橋博良さんのこと」『北羽新報』(2019年7月28日号)
 今年に入ってから、実母(ワカ)をはじめとして、親しい友人や知人をたくさん失いました。法政大学経営学部の同僚だった遠田雄二先生、鬼塚豊吉先生。ずいぶん昔のことになりますが、仕事の関係で親しくさせていただいた石橋博良さん(「ウエザーニューズ」の創業者)のことをなぜか梅雨時になると思い出します。石橋さんの「粋な生き方」の話を地元紙に書きました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 09:53 | - | - | pookmark |
(その35)「著者と編集者の心地よい関係」『北羽新報』(2019年6月22日号)
 編集者との関係を書いたコラムです。来週、刊行される新本の編集担当者、日本実業出版社の角田さんとの編集作業上での交流を紹介しています。小説家や漫画作家も同様な関係を編集者との間にお持ちのようです。優れた作家さんの陰に良い編集者の存在。わたしもそんな経験をさせていただきました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:19 | - | - | pookmark |
(その34)「花屋、ロンドンに出店」『北羽新報』(2019年5月28日号)
 ロンドンから、日本に送ったコラムです。青山フラワーマーケット(井上英明社長)が、日本人として初めてとしてロンドンに出店しました。現地の様子を、どこより早く秋田の人に知らせました。ちなみに、ロンドンっ子たちは、EUの離脱には冷めた感じです。議会の混乱はほとんど気に留めていないを様子でした。
and more...
| Kosuke Ogawa | 14:35 | - | - | pookmark |
(その33)「母を黄泉の国に送る:父母たちが生きた昭和が終わる」『北羽新報』(2019年4月25日号)
 生まれ故郷の秋田県能代市の地元紙に連載を始めて3年近くになります。市民の方や東京に出て働いている方が、『北羽新報』を読んでくださっているようです。今回は、その紙面を借りて悲しい報告をすることになりました。4月1日に実母が事故でなくなりました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 07:59 | - | - | pookmark |
(その32)「11年連続で完走:東京マラソンを」『北羽新報』(2019年3月21日号)
 東京マラソンを11年連続で完走できたことを、地元新聞で報告しました。今年は、歩かずに完走することが難しいかなと思っていました。気温が5〜6度で冷たい雨の中、いままでにない孤独なレースでした。しかし、皆さんの応援に助けられ、無事に完走できました。ただひたすら、走れた運の良さに感謝です。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:26 | - | - | pookmark |
(その31)「ワイン談義:友人のMさんのことなど」『北羽新報』(2019年2月28日号)
 今回はワインの話です。コラムに登場するMさん、Eさん、Sさんは、どなたでしょうか?全員、わたしの親しい友人たちです。しかもワイン狂いです。わたしも、遅まきながらワインの知識については、一歩だけ前進することができました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:57 | - | - | pookmark |
(その30)「ラン活の主役、工房系のランドセル」『北羽新報』(2019年1月29日号)
 今回は、昨年秋に訪問した静岡の「池田屋」を取り上げてみました。約50年前に清水市で創業したカバン屋さんが、日本有数のランドセルメーカーに成長し、「ラン活」のブームを主導するようなった物語です。地方の小売店に夢を与えるお話でした。詳しいストーリーは、秋口にブログに三回にわたって連載されています。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:03 | - | - | pookmark |
(その29)「鉄ちゃん、鉄子さん:観光産業の振興策」『北羽新報』(2018年12月26日号)
 鉄道マニアのわたしは、自宅のすぐ近くに踏切がありました。そこまで歩いて、飽かず蒸気機関車を眺めているのが好きでした。子供にも「鉄の血」が遺伝しました。常磐西線など蒸気機関車の貴婦人号に乗せているうち、次男の真継は鉄ちゃんになりました。いまは東海道新幹線で運転士をしています。連載29回目は、鉄ちゃん・鉄子さんの話にしてみました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 11:10 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode