Page: 1/5   >>
(その50)「奇跡の成功確率:菅義偉首相の誕生」『北羽新報』(2020年9月22日号)

NEW!地元紙『北羽新報』への寄稿が、今月で50回目を迎えました。本日掲載になる記念すべきコラムでは、菅首相の誕生を祝うことにしました。ご存知のように、菅義偉首相は秋田県湯沢市出身で、法政大学法学部の卒業生です。菅さんの首相就任を喜び、大学の校友会は大騒ぎをしています。一方で、田中優子総長をはじめとして、対照的なのは大学執行部です。実にクールな対応をしています。

and more...
| Kosuke Ogawa | 08:48 | - | - | pookmark |
(その49)「帰省を自主規制する心理と論理」『北羽新報』(2020年8月29日号)
 夏休みの最終週はさすがに外出していた。しかし、8月はほぼ自宅周辺で過ごしていた。外出の自粛である。仕方がない反面、精神衛生面や日本経済のことを考えたら、もう少し人間は動いてもかまわないのではなかろうか?コロナの現状に対して忸怩たる思いを抱いているのはわたしだけでもないだろう。
and more...
| Kosuke Ogawa | 08:09 | - | - | pookmark |
(その48)「29年ぶりの自著との再会」『北羽新報』2020年7月23日号
 これまでたくさんの本を書き残してきた。今年5月18日に刊行した『花産業の戦後史(1945年〜2020年)』で累計47冊目になる。年間1〜2冊のペースで出し続けているが、このペースは結構しんどい。そんな中、先週のJFMAのトップインタビューで、西尾義彦会長が、わたしの処女作(単著)を持参してくださった。
and more...
| Kosuke Ogawa | 11:31 | - | - | pookmark |
(その47)「校名を変えてはいけない:“能代工業”のブランド価値」『北羽新報』(2020年6月9日号)
 八代編集長にお願いして、緊急にコラムを書かせてもらいました。日本経済新聞の土曜日夕刊に、能代工業の校名変更の記事が掲載されていたからです。その直後に、元バスケット雑誌の編集長が、校名変更中止の嘆願書を秋田県議会に提出したとの報道を知りました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 08:03 | - | - | pookmark |
(その46)「鎖国のすすめ:コロナ後の社会」『北羽新報』2020年5月23日号
 米国マサチューセッツ州ボストンに留学中の恩田達紀さんと、数日前の朝方にチャットを原稿にしてみました。連載コラムではじめての試みですが、LINEの会話をそのままに編集したものです。10年来の持論である「鎖国のすすめ」と食料自給率の向上(>70%)を訴えた内容になっています。
and more...
| Kosuke Ogawa | 18:25 | - | - | pookmark |
(その45)「大学の授業が変わる」『北羽新報』(2020年4月17日号)
 今月の新聞コラムは、掲載を早めていただきました。本日の掲載です。コラムで紹介したように、水曜日から学部ゼミがオンラインでスタート。大学院の演習も昨夜から、教授会は午後からオンラインでした。コミュニケーションのやり方が180度変わりました。いや、これは360度の変化かもしれませんね。
and more...
| Kosuke Ogawa | 14:14 | - | - | pookmark |
(その44)「花産業の危機」『北羽新報』(2020年3月26日号)
 本日発売の地元紙に、「花産業の危機」というコラムを寄稿しました。春彼岸(17日〜23日)には間に合ったようですが、3月の需要期に向けて海外から来るはずの切り花が、産地で完全にストップしています。アフリカに依存しているオランダのセリ市場は悲惨のようです。日本も例外ではありません。コロナ禍で売れないるはずなのに、海外からの供給もストップしています。
and more...
| Kosuke Ogawa | 17:33 | - | - | pookmark |
(その43)「払い戻しはなし?」『北羽新報』2020年2月25日号
 茫然自失?とうとう東京マラソンが走れなくなりました。新型コロナウイルスの感染拡大のため、東京マラソン財団が一般ランナーの部の中止を決めたからです。オリンピックの出場権(最後の一枠)獲得を目指して、エリートランナー200名弱だけが走ることになりました。今回のコラムでは、マラソン大会中止時の対策として、「返金保険」の提案をさせていただきました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:38 | - | - | pookmark |
(その42)「学生たちの企業研修:思わぬヒットの誕生も」『北羽新報』(2020年1月28日号)
 大学教育は教室での座学も大切ですが、ゼミ生に課している学習形態に「フィールドワーク」があります。FWとは、マーケティングの現場に出かけて、店舗を見て、お客さんの行動を見て、商品やサービスあるいはイベントやキャンペーンを企画する活動です。基本は、実際の企業の現場を貸していただき、マーケティング活動も企業人とコラボする形をとります。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:27 | - | - | pookmark |
(連載 その41)「スイーツ開発の舞台裏:ローソンの場合」『北羽新報』(2019年12月24日号)
 クリスマスイブの昨日、クリスマスに因んだコラムを地元紙に書いてみました。題して、「スイーツ開発の舞台裏」。毎年のように、法政大学のわがゼミ生に、ローソンさんからクリスマスケーキが届きます。今年は、食べる前に今年発売になったスイーツで人気投票をしてみました。さて、どれが人気だったのか?
and more...
| Kosuke Ogawa | 13:47 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode