Page: 1/8   >>
「地方の花店経営:ワークマンの大変身に学ぶ」『JFMAニュース』(2019年9月20日号)
 今月7日に、「花の国日本協議会」のフラワーサミットが開かれた。、午後の「『花屋の経営』5年後の花屋の姿とは?」というセッションでパネラーを依頼されていた。75分のごく短いセッションである。
and more...
| Kosuke Ogawa | 16:32 | - | - | pookmark |
「続・鎖国のすすめ:英国人の国産農産物への回帰」『JFMAニュース』(2019年8月20日号)
  欧州ツアー(2019年5月)から日本に戻ってすぐMPSジャパンで調査を担当している青木恭子さんから一通のメールを受け取った。電子メールの表題は、「英国の花国産化進む 2017年12%→2018年14%へ」となっていた。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:46 | - | - | pookmark |
「花の価格付け」『JFMAニュース』(2019年7月20日号)
 7月19日に、『「値付け」の思考法』(日本実業出版社)を出版することになった。宣伝広告や販促活動など種々のマーケティング手段があるが、価格設定が最終利益の95%を決めてしまうことは、実務に長けた経営者ならばよく知っていることである。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:04 | - | - | pookmark |
「シャンペトルスタイル:野の花を摘んできたようなブーケをつくる」『JFMAニュース』(2019年6月20日号)
 6月18日のJFMAのセミナーでは、辻中俊樹さんに基調講演をお願いした。辻中さんは、ユニークな手法で流行を捕まえる「トレンドウォッチャー」として高名な方である。わたしからのリクエストで、「平成を振り返り、 令和の消費トレンドは?」というテーマで60分ほどお話をいただいた。休憩の後は、大田花きの内藤育子さんに、「花のトレンドはなぜ巡ってくるのか」という講演を頂き後半は、辻中さんと菅家博昭さん(会津よつば)を交えてパネルディスカッション(「平成を振り返る!令和の時代に向けて」)を行った。
and more...
| Kosuke Ogawa | 15:28 | - | - | pookmark |
「母の日が変わった?:背景にある社会的な要因を考えてみる」『JFMAニュース』(2019年5月20日号)
 松島さん(JFMA事務局長)と今朝がた(5月13日)、母の日の動向について意見を交換した。ほぼ毎年、わたしは全国の花関係者に電話調査をしているが、その「答え合わせ」のため、松島さんには母の日の翌日に連絡をとらせてもらっている。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:49 | - | - | pookmark |
「花の定期便(Bloomee Life):花屋ではないからできたサービス?」『JFMAニュース』(2019年4月20日号)
 個人ブログで、花の定期便「Bloomee Life」を紹介させていただいた(3月25日)。いま様々な業種で雨後の筍のように、つぎからつぎに登場しているサブスクリプションモデル(定期購入モデル)の一種である。有名な“サブスク”のサービスとしては、「エアークローゼット」(天沼聡社長)が運営している衣料品の定期お届け便がある。
and more...
| Kosuke Ogawa | 16:23 | - | - | pookmark |
「カフェと花店とのコラボレーション:もしかして“フラワーバー”もありかも」『JFMAニュース』(2019年3月20日号)
 3月13日の午後、港区南麻布にある「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」(以下、「セガフレード」と略記します)の広尾店にお邪魔しました。日比谷花壇が運営しているワンダーフラワー(花店)とセガフレード(cafe)のコラボ店を視察するためです。
and more...
| Kosuke Ogawa | 09:50 | - | - | pookmark |
「9年目のフラワーバレンタイン」『JFMAニュース』(2019年2月20日号)
 2010年JFMAの新規プロジェクトとしてはじまったフラワーバレンタイン。翌年(2011年)がフラワーバレンタインの初年度。推進委員会として活動し、その2年後に、フラワーバレンタインの活動は、「花の国日本協議会」に運動の母体が引き継がれ、今日まで続いている。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:13 | - | - | pookmark |
「既視感、農業の一分野としての花産業の過去と未来」『JFMAニュース』(2019年1月20日号)
 日本経済新聞社の吉田忠則編集委員が、昨年9月に、『農業崩壊:誰が日本の食を救うのか?』という本を刊行している。吉田氏には、『農は甦る』(2012年)と『コメをやめる勇気』(2015年)の二冊の著書がある。三冊目の『農業崩壊』(2018年)も話題になった本で、しばらくは机の上に積んでおく状態だったのだが、正月休みにようやく読了できた。
and more...
| Kosuke Ogawa | 20:24 | - | - | pookmark |
「“花”という商品の概念をもっと広く考える」『JFMAニュース』(2018年12月20日号)
 今度の新春セミナー(1月22日)は、「新しいフラワーショップのスタイル:ハイブリッド型フラワーショップの提案」というテーマで開催される。基調講演は、佐藤由太郎氏(日比谷花壇)と野田将克社長(花恋人)にお願いしている。講演後のシンポジウムでは、基調講演者のお二人に加えて、今井英之代表(ブルーム&ストライプス)に登壇していだだくことになっている。
and more...
| Kosuke Ogawa | 14:14 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode