Page: 2/3  << >>
第13 回「大卒社員に仕事を任せる」『チェーンストアエイジ』2009年3月15日号
(前号までのあらすじ)
 昭和43年の春、チェーン化を推進したい島村恒俊オーナーと考え方が相容れなかった9人の男子社員が、しまむらを一斉に退社した。女性店長第一号となった伊藤孝子ら、残された社員とともに、恒俊は多店舗展開に向けて大卒社員の募集をはじめる。そして、廣瀬(元常務)、藤原(現会長)、後藤(現専務)らが入社してくる。
and more...
| Kosuke Ogawa | 18:44 | - | - | pookmark |
第12 回「しまむら、男子従業員9人、一斉退社事件」『チェーンストアエイジ』2009年3月1日号
(前号までのあらすじ)
 川野トモ(ヤオコー元名誉会長)が店舗を改装して本格的なスーパーマーケット作りを目指したころ、長男の幸夫(現ヤオコー会長)は東大に入学して流通の勉強を始めた。一方、再び、舞台はしまむらに戻る。昭和42年の暮れに、島村恒俊(しまむらの創業者)は過労のために日赤病院に入院したが、伊藤孝子や小山岩男など従業員の頑張りで売上は落ちなかった。3つの店舗ともに順調で、多店舗展開の準備が徐々に整いつつあった。

and more...
| Kosuke Ogawa | 08:00 | - | - | pookmark |
第11 回「川野幸夫の決断」『チェーンストアエイジ』2009年2月15日号
(前号までのあらすじ)
 植木英吉(フレッセイ創業者)の助けを得て、小川町でセルフサービス方式の食品スーパーをはじめた川野トモ(ヤオコー元名誉会長)は、本格的なスーパーマーケットづくりをめざしていた。長男の川野幸夫(現ヤオコー会長)は、昭和37年に、県立浦和高校から東京大学に入学した。
and more...
| Kosuke Ogawa | 13:48 | - | - | pookmark |
第10 回「セルフサービスの店 八百幸商店、開業する!」『チェーンストアエイジ』2009年2月1日号
(前号までのあらすじ)
 前橋にある松清本店(現:フレッセイ)を訪問した川野トモ(ヤオコー元名誉会長)は、スーパーマーケットこそが自分たちの生きる道だと直感した。その場でセルフサービス化を熱心に勧めてくれた植木英吉社長は、トモのために小川の町まで泊りがけで来て、義理の両親、清三・志げ夫婦を説得してくれた。そして、一夜が明けた。
and more...
| Kosuke Ogawa | 08:35 | - | - | pookmark |
第9 回「植木英吉 見返りのない説得」『チェーンストアエイジ』2009年1月15日号
<前号までのあらすじ>
 小川地方で一番の繁盛店「八百幸商店」に嫁いできていた川野トモは、ある日、日本NCR(以下、NCR)の営業マンから、前橋でとても繁盛しているセルフサービスの店があることを聞きつけた。単身で松清(現:フレッセイ)本店を訪問したトモは、スーパーマーケットこそが自分たちの生きる道だと直感した。その場でセルフサービス化を熱心に勧めてくれた植木英吉社長は、小川町まで出向いて義理の両親を説得してくれることになった。
and more...
| Kosuke Ogawa | 15:34 | - | - | pookmark |
第8 回「トモ セルフサービス化したい!」『チェーンストアエイジ』2008年12月15日・2009年1月1日月合併号
 (前号までのあらすじ)
 昭和32年、「島村呉服店」(蠅靴泙爐蕕料或函砲蓮▲札襯侫機璽咼絞式を導入し、総合衣料品店への第一歩を踏み出していた。その同じ年に、川野トモ(ヤオコー元名誉会長)も、嫁いできていた「八百幸商店」をセルフ方式の食品スーパーに変えたいと思っていた。しかし、嫁の立場もあって、義理の両親を説得するのは容易ではなかった。助け舟を出してくれたのは、群馬県前橋市でいち早くスーパーに進出して成功を収めていた「松清(現在のフレッセィ)」の創業者、植木英吉氏(故人)であった。
and more...
| Kosuke Ogawa | 09:18 | - | - | pookmark |
第7 回「ヤオコー創業者 トモのこと」『チェーンストアエイジ』2008年12月1日号
平成19年8月 東京帝国ホテル
 母トモの人生、最期の送りの日は曇り空になった。
川野幸夫(現:ヤオコー会長、65歳)が受験浪人をしていた昭和36年12月に、母は連れ合いの荘輔を病気でなくしていた。その3年前にスーパーに業態転換したばかりのヤオコーを、残された母は女手ひとつで切り盛りしていかなければならなかった。店に立って母はいつも忙しく動き回っていた。
and more...
| Kosuke Ogawa | 13:11 | - | - | pookmark |
第6 回「仕組みをつくって、仕事を任せる」『チェーンストアエイジ』2008年11月15日号
 昭和42年12月、小川赤十字病院
「島村さん、症状からみてやはり十二指腸潰瘍ですね。切除することにしますか?」
若い内科医の見立ては、かかりつけの医者と同じだった。過労とストレスによる十二指腸潰瘍。妻の美智子も、隣で心配そうに医師の問診と精密検査の結果を聞いていた。島村恒俊、42歳の厄年_。12月18日の夕刻のことである。
and more...
| Kosuke Ogawa | 23:02 | - | - | pookmark |
第5回「小川人気質が育んだ”しまむら気質”」『チェーンストアエイジ』2008年11月1日号
昭和36年5月 東松山市材木町2丁目
 (旧)東松山店は、しまむらがチェーン展開をはじめてからの実質的な1号店である。前年の12月に出店を決めてから、賃借料の交渉、建物の設計、店舗の内外装が確定するまで、とんとん拍子で出店の準備は進んだ。敷地面積が50坪、売場面積は36坪、2階部分は、事務所スペースに決まっていた。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:47 | - | - | pookmark |
第4回「しまむらチェーン化への第一歩」『チェーンストアエイジ』2008年10月15日号
昭和35年11月、東日本橋問屋街
「孝(たか)ちゃん、美智子、島村呉服店はそのうち店数が増えて100店舗になるからね。最初の店は、松山の町からだよ」
 創業時からの住み込み店員だった伊藤孝子(当時、23歳)は、島村呉服店が小川町でまだ1店舗だったころの島村恒俊オーナー(36歳)の口癖を、今でも昨日のことのように鮮やかに思い出すことができる。
and more...
| Kosuke Ogawa | 15:00 | - | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode