Entry: main  << >>
コロナが怖ければ、今日から走りなさい!
 愛読書の『月刊ランナーズ』(2020年5月号)で、「ランナーはコロナに負けない!」という記事を見かけた。編集部はずいぶん思い切った記事を書くものだと思った。だから、怪しみながら読み進んだ(6〜7頁)。誌面では、ランナーがコロナに負けない5つの理由を挙げている。たしかに、思い当たる節はある。検証してみよう。

 

 最初は、「この特集って、眉唾では?」と思った。根拠となる編集部の記事を紹介してみよう。そのあとで、ランナーの自分に当てはまるかどうかをチェックしてみる。「解説」の部分は、編集部の要約(文:こみや・しゅうへい:日産自動車の産業医)。「コメント」の部分は、わたし(小川)の所感である。

 自分の日頃のランニング経験と合致しているかどうか? それを確認しながら、試みに赤筆を入れてみた。

 さて、、、

   

 理由 Д薀鵐福爾牢靄榲にポジティブであり、明るく、積極的である。

 解説: 生理学で、走ることで3種類のホルモンが分泌されることが知られている。ドーパミン、βエンドルフィン、セロトニン。これらのホルモンは、気分をポジティブにする。前向きな気持ちになるで、種々のウイルスが撃退ができ、身体の免疫力が高まる。 

 コメント:3つのホルモンが、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化するとのこと。実感はある。いやなことがあっても、暗い気持ちで走り始めても、3KMも走れば、そんなネガティブな出来事は完ぺきに忘れてしまう。5KMを超えると、楽しい出来事やつぎに飲む場所や相手を探しはじめる。基本的に、ランナーが「前向きんぐ」(わたしの造語で王様のように前向きな姿勢を表すことば)」なのは、ホルモンの分泌と関係があることは、以前から知っていた。

 

 理由◆Д薀鵐福爾魯好肇譽慌鮠辰うまい

 解説: いやなことがあると、ストレスホルモンのコルチゾールが体内に大量に放出される。これはNK細胞の機能を弱めるが、運動はコルチゾールの分泌を抑制することがわかっている。そして、運動によるストレス抑制効果は、48時間持続するといわれている。

 コメント:たしかに思い当たる節がある。というのは、日ごろのランニング経験で、中一日を走らずに空けても大丈夫だからだ。一日走らなくとも、体調と気分に顕著なマイナスの影響は出ない。ただし、中二日となると途端に調子が悪くなる。悪玉のコルチゾールが悪さをするからだ。運動が48時間の持続効果を持っているのは、経験的にもよくわかる。

 

 理由:ランナーは若返りホルモンがたくさん出ている

 解説: 運動すると、奇跡のホルモン(DHEA)が分泌される。いわゆる「若返りのホルモン」だ。運動しているひとは、若く見える。いや実際に見た目も若い。しかも、見た目だけでなく、副腎皮質から分泌されるDHEAのおかげで、基本的に長生きするようになるらしい。ランナーには朗報だ。長生きホルモンのおかげで免疫力も上がり、わたしたちは病気をしにくい。

 コメント: わたしは68歳だが、ふつうは50代後半に見られる。ヨイショもあるだろうが、「先生は、52〜53歳に見えます!」と言われることもある。先週のインタビューで、「衒語コーポレーション」の小林佳雄会長から、「本当に68歳ですか?」と不思議がられた。見た目が若いのは、明らかにマラソンのおかげだ。肌もつやつや、白髪もあまりない。顔や手にしわやシミがほとんどない。

 

 理由ぁД薀鵐福爾牢霑誕綣佞高く、体温が高い

 解説: 体温と免疫力の関係はよく知られている。体温が下がると、免疫力が低下してウイルスが増殖しやすくなる。最大の防御法は、とくに下半身の筋肉量を増やして燃えやすい体を作ることだ。目指すべきは、平熱36.5℃だそうだ。基礎代謝を上げることがポイントになる。

 コメント: わたしの平熱は、36.6℃。平均的な目標値を超えている。やや燃費は悪いが、基礎代謝はかなり高い。少し前まで、一日の消費カロリーが4000Kcalだったこともある。「子供みたい!」と言われていた。そもそも免疫力が高いので、風邪を引くことがない。風邪に罹っても、一日で回復する。30数年間、学生にとってはとても気の毒なのだが、休講がない珍しい先生だ。

 

 理由ァД薀鵐福爾呂阿辰垢衞欧譴

 解説: 快眠で免疫力が上がることが知られている。一日の体のダメージは、よく眠ることで修復できる。睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が快眠を誘発する。メラトニンの材料がセロトニンである。,能劼戮燭茲Δ法∩ることでセロトニンが分泌される。とくにセロトニンの分泌には、ジョギングや水泳、ダンスのようなリズム運動がよいとされている。

 コメント: 飲んだ時は夜中に起きてしまうが、少なくとも、眠れないということはない。寝つきはきわめつき良いようだ。アルコールの助けはあるが、眠らなくて困ることはにない。とくに、ハーフマラソン以上の距離を走った後、激しい運動したときは抜群の快眠が得られる。至福の時だ。

 

 以上、わたしは、健康で幸せな人生を送っているように見えるらしい。基本は、よく走り、よく食べて、よく眠れるからだ。なので、特集記事の内容は、わたしに100%当てはまる。経験的に正しい。その実践者がここにいる。今日からマラソンを走れば、コロナが撃退できる。すぐにでも走りはじめなさい。 

 

| Kosuke Ogawa | 14:47 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode