Entry: main  << >>
2019年の個人成績表(▲泪薀愁鵝↓3式投資)
 今年の通信簿の続きは、▲泪薀愁鵑鉢3式投資。どちらもまずまずの戦績でした。フルの完走は、46回目になりました。あと4回で50回目の完走達成です。株式投資は、5年連続の黒字です。

 

 ▲泪薀愁鵝淵侫襦▲蓮璽奸10K)

 <A:フルマラソン>

 2019年は、2本のフルマラソンを走った。東京マラソン2019(3月3日)は、三年ぶりで歩かずに完走できた。45回目の完走タイムは、4時間40分42秒。

 満を持して参加した岡山マラソンは、途中29KM付近で足が吊ってしまった。大ブレーキのゴールタイムは、再び5時間をオーバー(5時間28分42秒)。5時間半は、初めて走ったホノルルマラソンに匹敵する悪いタイム。

 2020年は、12回目の東京マラソンに出走する。今回は、カインズの土屋会長がエントリーしている。12月からは、毎日の走行距離をレポートしている。ふたりとも、4時間半を切れるかどうかの戦いになりそうだ。めずらしく一般抽選で当たった小林さんも、今回の東京2020に出走する。練習が十分できず、怪我で苦しんでいる。

 

 <B:ハーフマラソン>

 例年に比べて、仕事や健康上の理由で、スキップした大会が多かった。登録した大会で、実際に走れたレースは半分にも満たなかった。もっとも、二大会(清川村と足立フレンドリー)は、台風の影響で大会が中止になっている。

 2019年は、1時間55分がどうしても切れなかった。とはいえ、フルに比べて、ハーフマラソンは走りが安定している。完走7レース中(葛飾は16KMで途中棄権)、4レースは2時間が切れている。大崩れはしない。ベストタイムは、府中多摩川風の道(ハーフ)で、1時間57分8秒。

 

 <C:10KMレース>

 10KMは、3レースに参加。すべて50分台。ベストタイムは、かつしかロードレース(1月14日)で、53分50秒。このレースは、2020年に、次男の真継がエントリーしているらしい。

 

 なお、今年は、家族全員で、美瑛ヘルシーマラソン(6月9日)に参加した。ローソンオーナー会の北海道メンバーに声をかけて、ペンションWEさんに宿泊した。真継には先着するも、余田オーナー(2時間を数秒切るタイム)には昨年のホノルルに続いて完敗。2時間8分59秒。

 

 3式投資とコンサルティング

 2018年10月に自宅を新築したため、総投資金額(残高)は、2年前の半分になりました。

 期初(2018年12月31日残高)を100とすると、2019年12月26日の残高(配当金を含む)は121です。去年と比較すると若干成績は落ちています。逆に手元現金が増えています。年齢とともに、やや保守的になっているのかもしれません。

 なお、講演や出版、コンサルティングはやや収入源となっています。社外取締役やNPOの活動に時間を取られています。取材を増やしているのも響いているかも。

| Kosuke Ogawa | 13:55 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode