Entry: main  << >>
サラダウォーカー(Salad Walker)
 神戸のロック・フィールド本社で、岩田弘三会長をインタビューをしているとき、役員室でおもしろいポスターを見つけた。米国西海岸で、オフィスワーカーがサラダを片手に街中を歩いている姿を撮影したものだ。題して、Salad Walker。今朝方、3枚の写真をインスタグラムに投稿してしまった(https://www.instagram.com/p/B5wE4aAge9K/?igshid=hiirhupiyhj6)。

 

 このブログとインスタの写真は、著作権侵害の可能性もある。ロックさんからの許諾を得ていないからだ(笑)。

 そんな懸念はさておき、10月初旬に訪問した米国西海岸では、10軒近くのサラダショップやサラダ主体のレストランを視察した。イートインでサラダを食べているひとが大半だが、サラダを手に抱えて店から出てくるオフィスワーカーもたくさんいる。

 彼ら彼女たち、「サラダウォーカー」の街歩きの写真を撮ろうとしたが、なんとなく怪しまれそうで躊躇してしまった。残念ながら、結果的に写真を持ち帰りそびれてしまった。そんな気持ちで帰国したところ、ロック・フィールド本社の役員室で、とてもほしかったポスターに出会うことができた。

 

 情報感度の高い人たちが住む米国の大都市では、Salad Walkeが日常的な街の風景になりつつある。神戸で撮影してきた「サラダウォーカー」のポスター写真を送ったら、皆さんからの反応がすこぶるよかった。その感度の良い人たちのひとり、「オイシックス・ら・大地」の高島宏平社長からは、間髪を入れずにサンフランシスコやニューヨークではこういう人多いですねー。」との感想が戻ってきた。

 透明なパック入りのサラダを持ち運ぶ姿は、とってもおしゃれだ。ただし、写真を見た中の何人かから指摘があったように、手に持っている容器がプラスティック製であるは残念だと感じる。生分解可能な容器だともっと素敵に見えるだろう。

 余談になるが、昨日訪問したロック・フィールド本社では、社員食堂で供されている爪楊枝は、通常の木質のものではなく、可食のでんぷん質(トウモロコシ由来)で固形化してあった(韓国製、アマゾンでも購入可能)。ここまで環境配慮をするのか!と驚いたものだった。

 サラダウォーカー(Salad Walker)が日本でもトレンドになってほしいものだ。環境配慮と美容健康の両立。そして、かっこよくてファッショナブル。

| Kosuke Ogawa | 12:34 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode