Entry: main  << >>
美瑛ヘルシーマラソン2019の結果: 次男の真継には勝利するも、ローソンの余田オーナーには完敗
 日曜日(6月9日)に開催された美瑛ヘルシーマラソン(ハーフ)は、2時間を大幅にオーバー。後半15KMの心臓破りの坂を過ぎたあたりから、ペースが完全にスローダウン。ゴールタイムは、2時間8分59秒(ネットタイム)。グロスでは、2時間10分を超えてしまった。真継は、グロスタイムで2時間14分だったらしい。

 

 「らしい」というのは、真継とはスタート地点から8KMあたりまで並走。その後は、わたしを置いて先行したので、当然、先にゴールしたものとばかり思っていた。真継曰く、「坂を超えたあたりの17KM地点で足を痙攣。その間に、親父に抜かれてしまった」とのこと。

 わたしも17KM地点からは、大幅にペースダウン。1KM5分30秒で走っていたのが、1KM6分30秒よりスピードが上がらなくなった。そのままようやくゴールイン。タイムは、2時間8分台。スパートセンター(体育館)で着替えていると、あとから真継がやってきて、「(ローソンオーナー組の)吉井さんにも抜かれしまったよ」とのこと。

 私たちの前を走っていたはずの余田オーナーからは、ゴールの連絡がない。ちょっと心配していたが、2時間後(14時55分)に、「最後に柳田さんがゴールして、これから札幌に向かいます。色々とおせわになりました(中略)。わたしは4秒2時間を切りました(笑顔マーク)(汗マーク)」と元気なメールが飛んできて、わたしたちも一安心。

 

 余田さんは、国内初ハーフを立派に1時間59分台でゴールできたようです。昨年のホノルルハーフに続き、わたしは余田オーナーに二連敗です。来年は、どこかで三度目の挑戦をさせてください。

 これにて、息子の真継とは、ハーフの対戦成績が2勝3敗になりました。息子に勝つときは、いつも彼が体調不良か、けがをしている時です。万全の時の対戦で勝ちたいものです。

 なお、マラソン初参加の梓ちゃん(真継の嫁)は、ワンエイツ(5Km+α)を32分で見事に完走。夏穂(ゼロ歳)がいるので、ほとんど練習ができなかったはず。それなのに、この好タイム。「楽しかった!」と、来年は、坂道の急なクオーター(10KM+α)を走る気満々の様子。

 いずれにしても、みなさん、お疲れさまでした。

 

 

 

| Kosuke Ogawa | 11:21 | - | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode