Entry: main  << >>
ピロリ菌との戦い、30日戦争(5): 一週間の断酒、折れずに完遂
 早朝に飲んだランサップ800(14錠目)で、アルコールが解禁になりました。いままで、JFMAの松島さん、三好さん、近藤さんと市ヶ谷の鮨の家(寿司屋)で日本酒を飲んでました。もちろんアルコール入りの生ビールも。ピロリ菌の完全消滅検査は一カ月後になります。それまではドキドキです。

 

 わたしの周囲で、除菌中に飲酒をしていた人は皆無でした。その中で、一次投与でピロリ菌が消えた保菌者の割合は、一般統計が示すように約70%でした。わたし自身の体調から判断するに、胃腸の中に巣くっていたピロリ菌さんは、すでに退散されたと思っています。しかし、油断は禁物です。

 一か月後に、地元の白井聖仁会病院で再検査を受けます。検査方法は、「呼気法」というものらしく。医師からの指示は、バリウム検査のときと同じで、「朝から何も食べないで、お水も飲んではだめです」でした。再診察の結果は、そのさらに一週間後に判明します。ピロリ菌が残存していれば、二次検査に移行。今度は、抗生物質の種類を変えて、今度こそ断酒になります。

 その場合は、「30日間の禁酒」になることが確実です。それでも、除菌の成功確率は90%だそうです。一次の除菌操作でピロリ菌が胃腸の中から退散していなければ(70%の確率)、抗生物質の種類を変えて二次投与に移行することになります。

 二カ月連続、30日間の断酒より、胃潰瘍のほうを選びたい気持ちになります。なお、7日間の断酒で経験した心身の軌跡を将来、ピロリ菌退治に挑むことになる後進のために、詳しくお伝えしておきたいと思います。

 

1 心構え

・不退転の決意で投与に及ぶこと

 できれば、仕事などのスケジュールが自由になる時期を選んだほうがよい。というのは、家から出て外に出ると、会食などでアルコールの誘惑がたくさん。わたしは、やむにやまれる場合(お通夜)を除いて、すべての会食をお断りしました。自宅で夕食を連続して食しました(10年ぶり?)。そして、大学時代のゼミの同窓会や、業界団体の会合はなるべく避けるようにしました。

 

2 実際の経験

(1)不眠・うつ状態を経験

 最初の数日は大丈夫でしたが、4日目あたりから寝つきが悪くなりました。それと、抗生物質の影響だと思いますが、極度に食欲がなくなりました。その結果、おそらく一週間で1KGはやせてしまったと思います。短い距離のマラソンに、ランサップ800は有効に機能します。

 また、最後の二日間は、軽いうつ状態に落ち込みました。断酒の影響で、食事に気分が乗らなくなりました。また、寝つきが悪くなったため、体調のコントロールが難しくなりました。投薬をやめたとたんに、気分は元に戻りました。昨夜から寝つきは回復して、夜中におしっこのために目が覚めることがなくなりました(昨夜はゼロ回、初日は約10回)。

 教訓です。寝つきが悪ければ、多少寝不足になったとしても、読書でもして時間を稼ぐことです。こんなに夜が長いものとは知れませんでした。

 

(2)投薬中の体調は?

 実は良いこともありました。それは、事前に仕入れていた予備知識とは異なり、ややゆる便のわたしがランサップの投与で快便に変わりました。固くも緩くもなく、とても快調でした。ただし、大便の回数が増えました(+2回〜3回)。これには注意してください。長距離バスや電車は危険です。

 とくに指定はなかったのですが、コーヒーやスパイシーな刺激物は、摂取しないほうがよいです。胃に負担がかかると、痛みはしませんが、なんとなくお腹が不快な状態になります。

 

(3)その他

 家族や周りの支援があると、断酒を継続できます。おのれの気持ちに妥協しないことです。わたしの場合は、ブログに禁酒を宣言しました。300人以上のひとが、わたしのこのブログ(30日戦争)を読んでいます。だから、絶対に折れることができなくなります。要するに、何らかの方法で自分を追い込むことです。

 

 30日戦争は、第一ステップを完了しただけです。この先、一か月後に、ピロリ菌の不在証明を診断します。それに負けると、二次検査になります。本日は、それでも一週間ぶりのビール(生ビール、中ジョッキ)と日本酒(利き酒セット)でした。

 酔いが回るのが早いのではと思いましたが、夜中の12時ですがふだんとなんの変化もありません。あとは、寝付いた後に、どれくらいの頻度でトイレに立つのか?あるいは、そのために目が覚めないのか?たぶん、この調子だと大丈夫のように思います。

 第一フェーズが完了しました。体調も心の平静も、元に復帰しました。いちばんいやだったのは、気分の落ち込みでした。第二フェーズに移行します。薬さん関係とは、4週間のご無沙汰になります。

 

 

 

 

 

 

| Kosuke Ogawa | 00:39 | - | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode