Entry: main  << >>
日本商業学会「第6回Marketing夏の学校」@葉山
 「日本商業学会、夏の学校」の講師を依頼され、いまから神奈川県の葉山町へ。自分のこれまでの研究生活を話すことになっている。自身が設定したテーマは、「わたしの社会活動・研究活動」。一時間ほど話したあと、若手研究者の研究発表にコメントをすることなっている。

 

 振り返ってみると、研究者として43年間、休みなく活動してきたことになる。よくわけもわからず、22歳で大学院に進学した。宮下藤太郎先生(東大)、大沢豊先生(大阪大)など、先生や先輩(片平さん、中島さん、上條さん)に恵まれた。

 東大の大学院から法政に助手として移ってからも、故・橋本寿朗さん(東大〜法政)、鬼塚先生(元常務理事)や日向先生(第一教養部〜経営学部、数学)など、同僚にも恵まれた。すべて運命の女神が、運よく、わたしに微笑んでくれたおかげだった。

 総括してみると、それほど立派な業績を残せたわけではない。どちらかといえば、体育会的な仕事のやり方を奨励してきたので、質よりも量を重視してきた。この方法は、絶対的な勝ちパターンではないかもしれない。

 

 しかし、研究者としてのある種の生き方を伝えることはできるように思う。すこし特殊事例かもしれないが、むしろこれから生きていく若手の研究者のロールモデルになれるかもしれない。

 

 良い研究者になるには、

(1)誰のために: 社会のために役立つ研究を考えること、

(2)誰と一緒に: 企業家を含めて、人的なネットワークを大切にすること、

(3)何を: おもしろい研究素材と心中する気概で

(4)どのように: ひとり孤立することなく、研究チームを組織すること、

 そうすれば、良い研究ができます。

 

 さらに言えば、ある年齢(50歳)を過ぎたら、

(5)研究者として、教育界に世の中に恩返しをすること、

(6)キャリアチェンジは、45歳からはじまることを自覚すること、そして、

(7)幅広く研究するには、歴史から研究のヒントを得ること。

 

 

    

| Kosuke Ogawa | 09:13 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode