Entry: main  << >>
続・ロシアからオランダに強い風が吹けば、エクアドルが儲かる?
 今月から、オランダからロシア向けの切り花が輸入停止になった。オランダが困っただけではない。スキポール経由の南米やアフリカ産の花がモスクワに入らなくなった。エクアドルやコロンビア、ケニアなどは、ロシア政府に直行便を受け入れてほしいと懇願している。

 中立国(欧州とロシア)の立場からは、政治より経済が優先である。自国民の経済的な都合が大事である。だから、ロシア向けに、これまで経済的に有利だったオランダ経由の花について、中南米(エクアドルとコロンビア)とアフリカ諸国(ケニアとエチオピア)は輸送経路を見直す必要が出てきた。
 ロシア向けの植物の禁輸は、オランダにとって自国の重要な産業(花と野菜)の脅威になりかねない。下手をすると、長期的な低迷を招きかねない深刻な事態に発展する可能性がある。その根拠を説明してみたい。
 これまで、ロシアへの花の輸送は、空輸とトラック便での陸送の両方あった。いずれにしても、世界中から切り花を集荷して、低コストでアソートしたものを、ロシアのような消費国に届けていた。ハブ・スポーク理論と情報の優位性によって、オランダ経由の花が世界を席巻していたわけである。

 ところが、今回のロシア政府による政治的な禁輸により、各国が直行便の輸送手段を獲得することなりそうだ。記事には出てこないが、イスラエルはすでにロシア向けの花の輸出で漁夫の利を得ている。生産規模がもっと大きく、輸送距離がもっと長いエクアドルやコロンビアは、オランダを迂回する手段を得たことで、もしかするとロシアと「直取引」をはじめることになるかもしれない。
 この流れは、欧州の他の国(英独仏)やアジアの消費国(日本や中国など)に及ぶ可能性がある。欧州の中心国の量販店は、かなり前から、自社の調達を花の生産国から直にしている。安定供給と情報物流システムの優位性から、帳合いだけはオランダでも、物は直接入っているケースもあると聞いている。
 日本の輸入商社も、わたしが聞いたところでは、今回のロシアの禁輸措置をきっかけに、アフリカからオランダ経由で持ってくる方法を見直す動きがある。政治的な動向が、物流と取引の実体に長期的に影響を与えるケースである。怖ろしいことである。
 
 以下、HortiBiz(昨日)から、記事の引用である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

”Ecuador to overtake Holland in Russian market”

Ecuador may replace the Netherlands as the biggest flower exporter to Russia, according to Russia's agricultural watchdog Rosselkhoznadzor. Ecuador, which delivers the second-highest number of flowers to Russia, is ready to bypass top-rated Netherlands, Russia's agricultural watchdog Rosselkhoznadzor said Thursday.

On July 21, Rosselkhoznadzor announced that Dutch flower imports would be the subject of a ban because they contain pests that pose a "serious sanitary threat" to Russia’s economy and farming.

"Ecuador stated its extreme concern about the fact that there is a transshipment of flowers with Ecuadorian origin in the Netherlands. Understanding the threat level, the Ecuadorian side declared its readiness to supply the flowers directly [to Russia], without the transshipment in the Netherlands," Rosselkhoznadzor said.

On August 10, Moscow introduced strict phytosanitary regulations on flower imports from the Netherlands, allowing importation only after the products received positive laboratory examination results.

On August 13, the head of Russia's Federal Customs Service (FCS) Andrei Belyaninov said that Ecuador, Kenya, Ethiopia and Colombia had requested Russian authorities allow direct supplies of flowers to Russia bypassing Dutch flower auctions.

The Netherlands is the largest exporter of flowers to Russia. According to the watchdog, the majority of cases when Rosselkhoznadzor revealed quarantined organisms in cut flowers imported from 15 countries were from the Netherlands.
20:13 - Fri 21/08/2015 Bron: Sputnik International
| Kosuke Ogawa | 08:49 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode